読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺろぺろするぞっ!

Master of Epicとかのゲームプレイ中心日記

あけましておめでとうございます!

Master of Epic Salt and Sanctuary

あけましておめでと~!

f:id:perochannel:20170103082223j:plain
あけましておめでとうございますジャンプ!
さてさて2016年も終わり、2017年がやってきましたヨ!
今年もMoEのレク丘尼橋ダイブいってきました(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ
まずは0:00丁度に飛び降りして血煙ヤッホイニューイヤー!※残念ながら今年はカオス画像しかなくてSS掲載できませんでした…
去年に引き続き魔法陣ダイブで2コ入手しましたよ~! もぐもぐおせち(´~`)
今年はささみGMが大きくなったり、コカトリスになったりなんてことも!
お年玉ボックスからは鶏冠がもらえたり…!?
MoEはみんな楽しんでいていい雰囲気でしたね~!
みなさま今年もよろしくお願いします(o*。_。)oペコッ

新年あけおめゲーム配信

さてさて、年始はSteamウィンターセールでリスナーさんにオススメしてもらった「Salt and Sanctuary」を配信プレイしましたヨ!
探索型アクションRPGとのことで、悪魔城ドラキュラ月下の夜想曲みたいなゲームです。
さらに本作はソウルシリーズ(FromSoftwareのDemon'sSouls/Darksouls)をオマージュしたゲームとなっており、作者さんはよほど好きなんだな~と思いました。
年末5日間にわたりSteamで70%OFFだったDarksouls2を宣伝配信した私にもってこいの内容でしたね(`・ω・´)
無事クリアできましたので感想タイムです。

f:id:perochannel:20170103081850j:plain
タイトル画面からしてもうダークな雰囲気たっぷりな本作です。
更にこのゲームは日本語に標準対応していてとても遊びやすくなっています。
UIやパッドの設定(キーコンフィグだけでなくPS4/Xboxキーの表示切り替え)など細かくできて非常に丁寧に感じました。
私は普段2Dアクションはパッドで操作するのですが、今回はキーボード&マウスで操作することにしました。
不思議なことにパッドでなくてもプレイがしやすく、初めてキーボード&マウスで遊べたアクションゲームでした。
ちなみに説明書とかは読まずにプレイしました。わからな要素が多すぎた!w

f:id:perochannel:20170103084533j:plainゲーム画面はキレイに書き込まれたグラフィックと残虐でゴアな表現もありダークファンタジー感があふれていましたね~。
ただし、流血表現や首ちょんぱなどグロさがあるのですが、キャラクターはデフォルメされていてダークコメディな感じで押さえてあったのは良いと思います。怖さはあったけどね…(;´Д`)
操作感は本当に2Dダークソウルみたいな感じになっていて、スタミナを消費してアクションを行います。ローリング回避やパリィからの致命の一撃ができたり感動でしたね~。
ステータス画面などおなじみのもので、ソウルシリーズをやっている人はすぐに理解できたのではないでしょうか。
敵との戦闘も気を抜いたら即死がすぐ見えてハラハラがとまりませんでしたね。
特にボス戦は何度も何度もやり直してやっと倒せたときの達成感と嬉しさは言葉で表現できないくらいです!
トライ&エラーをし、試行錯誤するのがたまりませんね~。

マップ探索やアイテム収集は悪魔城シリーズのそれと同じで、少しずつ行ける場所が増えたりとか新しいアイテムを拾って興奮したり探索好きにはたまらないですね~。
アイテム説明のダークソウル風なフレーバーテキストも妄想するのが楽しくなりますね(*´ω`*)

ストーリーに関してはソウルシリーズ同様あってないような感じなのですが、NPCの会話や上記アイテム説明などを読むのが好きな人は楽しめると思います。

新年から最高のゲームと共に過ごせたことをとても嬉しく思いました!
今年もよろしくね!

おまけ:ゲームクリア時のステータスとプレイスタイルとRPとかとか

!以降ネタバレも含むので注意されたし!
ロールプレイ(RP)の話も含むのでお話に関わってくるんよ~
ストーリー考察は3日間プレイしただけのものだからガバガバだと思うヨ!
了承してから続きを読むからどうぞ~

f:id:perochannel:20170103081912p:plain

f:id:perochannel:20170103081952j:plain
▼プレイスタイルについて
私はアクションゲームをやるときは必ず近接職(それも両手持ち大剣や大槌など)を好んで使用します。
今回はキャラメイクで"平民"で最初は両手槍の熊手が面白くてたまらなかったな~w
結局ゲームクリアまで盾を使わなかったので、ローリング回避主体のプレイになっていきました。
最初は両手槍で進め、大剣や大槌などが手に入るとそちらを両手持ちし敵によって斬撃か打撃を切り替えて攻略を進めました。
防具は料理人と鍛冶屋装備を切り替えつつ攻略し、ラスボス一歩前のボスからはじゃがいも装備にしました。(そうカタリナ装備風なフレーバーテキストに惚れたw)
ラスボスで2時間くらいかかりましたが、最初は即死ばかりだったのに徐々に上手にプレイできていく感じがとても楽しかったな~!
最後は衝撃のラストというか、ホッとしたというか…プレイした方なら私の気持ちがわかるかも…?
結局、ボスソウル的存在の交換場所もわからず、武器防具の強化もせず、赤い光る壁の謎も分からずゲームクリアしてしまいました。
実績をみる感じプロローグ以外のボスは倒しているようでしたので、一応ボスは全部回れたのかな~と。だけどもNPC関連は半分くらい終わってないので気になるところです。
魔法や奇跡、弓などは使わなかったので上記を含めて次回プレイでためそうかと思います。そういえば信仰対象も鉄の民のままでしたね。
現在は2キャラ目で魔法使いプレイを進めているところです。たのしみだ~!

▼RPについて
主人公は「王女の護衛として終戦のために間違いをおかしてはならない任務についていた」という設定だったので、それでRP含めてやっていこうかな~と思いました。

しかし…、私は出身地を"ジンダレン"にしました。
ジンダレンの種族は肌が本当に黒く、なぜか頭に縫い目があって、更に牙が生えているという、いわゆるファンタジーではオークとかゴブリンとかそういう蛮族的な風貌です。
私はそういうのが大好物なのですよw
実際プレイするまではその国の特徴とか分からないんですけど、どんな種族であれ自分は「荒くれ者の蛮族」みたいな設定にしておきました。
そこで装備とかみているうちに、立派ではない装備=平民があってるなということで、クラスは「平民」に決定しました。あ、ハゲてるのは趣味です、ハイ。
この時点ではまだゲームが始まっておらず、王女が~うんぬんのくだりはしりません。
ここから私のNPCやアイテムテキストとの戦い(笑)が始まるわけですねw

さて、船内で襲撃が起き知らない人から王女が~のくだりを聞かされ、船上にでて一瞬で転がされ海の藻屑へ…。
海岸で目覚め知らないおじいさん風な人からいきなり「何を信仰しているか?」って聞かれて全部いいえと答えてしまいましたw
なぜかというと私は「神を信じず、力を信じる蛮族」の設定だからです。ただ、話を聞く限り「鉄の民」が人の力を信じるとのことでしたので、蛮族的にあってるかな~と想いそれに決定しました。
そのときの私は「王女を救出するのが目的」なんていわれても顔もよくわからない人物を助ける~っていうのもバカらしいし、自分が生き残るついでに王女も助けられるようなら助ける、くらいにしか考えてませんでした。
王女がいなければ暗黒時代、いわゆる戦争がまたはじまるとのことでしたが、もし任務が失敗したなら、別の国に逃げればいいや、なんて考えてたからですねw
普通王女とか助けるだろ! とか、いわれそうですが、ダークファンタジーなのでそういう感じのキャラクターにしたかったのですよ。
王道TRPGとかならちゃんと助けますよ、王女様はw

という感じで進めていき、当然道中新しくでてくる信仰も全て無視し「鉄の民」を一貫しました。
ラスボス前に「わたしはクレイモアと生きる」といってしまうくらい、脳筋でバカな自分とキャラクターを重ね合わせ、楽しくプレイしていきましたとさ~!

▼ここからはストーリーの考察
最後の海の水面に浮かび上がるシーンですが、個人的に「もともと島なんてなくて、船が嵐に襲われて海中で気を失っている間にみていた夢」と思っているのですがどうなのでしょうね~。
その海域自体は嵐が起きやすく色々な人が死んでいるからその思念によって魅せられた…なんて考えてますが、さすがに突飛すぎかな?w
島と名もなき神に縛られたおじいさんがいましたが、おじいさんが欲望をかなえ島を得て、神に呪われるというのも引っかかりますが…。
ゲーム最初にでてきた案山子は名もなき神の化身だと思っています。彼が「意志がなくなれば世界の一部にとりこまれる」的なコトを言ってましたよね。
私の解釈では「夢の世界で死ぬ=思念を神に奪われる」と感じています。そして神はその思念から世界を作り出しているんじゃないかと思います。
また私はまだ探索が完全ではないのですが、ラスト近くの大穴で人の死体がいくつも重なっているところがありましたが、あれがあの島を構成している人の記憶の積み重ねじゃないかな~と思っています。
あそこのNPCに渡す「血ぬれた紙」が手に入らずお話が聞けないままクリアになっちゃって悲しく思っていますが、そこは周回しながらまた考察材料を仕入れようかな~と。
長々と書きましたが、フレーバーテキストNPCの会話から、各国の特徴や文化、戦争のなりゆき、宗教の変動なんか追えたらいいなと思います。
それはまた次回ということで、今回はこれでお開きとなりますヨ!
長々とありがとうございました~ヾ(。・ω・。)またね